病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 救急・時間外のご案内
入院のご案内
医師紹介
部門・センター紹介
お産について
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

外科

対象疾患

  1. 消化器外科
    1. 悪性疾患:食道がん胃がん大腸がん肝がん胆道がん、膵臓がんなど
    2. 急性腹症:虫垂炎、腸閉塞、腹膜炎など
    3. その他:胆石症、総胆管結石、外傷など
  2. 乳腺、内分泌外科
    1. 乳がん、甲状腺がんなど
  3. 血管外科
    1. 腹部大動脈瘤、下肢血行障害、下肢静脈瘤など
  4. 一般外科
    1. 小児および成人のソケイヘルニア、痔疾患、体表の腫瘍など

治療内容

がん診療

当院は国の指定した地域がん診療連携拠点病院であり、特にがん診療に力を入れています。頻度の高い胃がん、大腸がん、乳がんはもちろんのこと、比較的頻度の低い他のがんにおいてもガイドラインに則った標準的手術を行っています。必要な場合には、術後の抗がん剤治療やホルモン剤治療も継続して行っています。早期の胃がん、大腸がんでは腹腔鏡手術を利用した機能温存術式を積極的に導入し、逆に肝転移を来たした大腸がんでは常に肝切除による根治術を念頭に置いた診療を行っています。乳がんではマンモトーム導入による早期診断に力を入れ、センチネルリンパ節生検や術後の放射線治療との組み合わせによる縮小手術の可能性を追求しています。また、術後や病状によって惹起されたリンパ浮腫に関しては、リンパ浮腫ケアチームと共同で治療しています。乳房再建を希望される方には形成外科と協力して対応しています。

血管外科

腹部大動脈瘤は常に破裂の危険性を伴う疾患で、5cm以上に拡張した瘤は手術適応になります。当科では破裂を未然に防ぐための待機手術はもちろんのこと、破裂例でも積極的に救命手術を行っています。さらに最近では腹部を切らないステントグラフト挿入による治療も導入しています。このほか、下肢血行障害に対する人工血管バイパス手術や血管内治療、下肢静脈瘤の手術も行っています。 虚血性あるいは静脈瘤に伴う足部皮膚潰瘍については、フットケアチームとともに治療を行っています。

急性腹症

多くの場合良性の疾患ですが腹痛を伴い何らかの緊急処置が必要な病態を指します。頻度の高い疾患としては急性虫垂炎、十二指腸潰瘍穿孔による腹膜炎、絞扼性腸閉塞(腸管の循環障害を起こした腸閉塞)、急性胆のう炎、ヘルニア嵌頓(ヘルニア内容が出たまま戻らない状態)などが挙げられます。これら緊急性の高い疾患に対して、当科では24時間対応で診療に当たっています。

治療実績

全手術件数(2016年)

全手術件数 1116件
全身麻酔手術 721件、腰椎麻酔手術 92件、局所麻酔手術 303件

おもな疾患別の手術件数(2016年)

乳がん手術: 63 甲状腺手術: 18
食道手術: 4 虫垂炎手術: 69 (56 *1)
胃手術: 64 (18 *1) 腸閉塞手術: 32 (6 *1)
大腸手術: 127 (70 *1) ヘルニア手術: 136 (32 *1)
肝臓手術: 27 腹部大動脈瘤手術: 25 (3 *2)
膵臓手術: 14 動脈バイパス手術: 20
胆嚢手術: 107 (100 *1) 下肢静脈瘤手術: 36 (28 *3)

*1 腹腔鏡手術 *2 ステントグラフト手術 *3 レーザー手術

トピックス・その他

2007年からがん診療センターを設立して、がんの手術治療だけではなく標準的化学療法(抗がん剤治療)、地域連携パスを用いた術後のフォローアップ、必要であれば早期からの緩和ケア導入など、組織や職種を超えたがん診療体制を作っています。 2012年10月から乳房・肛門に症状のある女性を対象に女性外来を開設しました。診察は女性医師が行っていますので、お気軽にご利用ください。 2012年11月から内痔核に対し注射で治すALTA療法を導入しました。 女性外来の受診方法について

医師スタッフ紹介

外科の医師・スタッフ紹介はこちらからご覧ください。

外来担当表

外科の外来担当医表はこちらからご覧ください。

当科の学会施設認定

  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設
  • 日本乳がん学会関連施設
PageTop