病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 救急・時間外のご案内
入院のご案内
医師紹介
部門・センター紹介
お産について
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

放射線科

    最新鋭の装置を用い、専門的で高度な画像診断、治療を提供すべく、院内診療各科と連携しながら、診療放射線技師、看護師と協力し日々診療にあたっています。 地域医療支援病院として地域医療の充実に貢献すること、地域がん診療連携拠点病院として質の高いがん医療を提供することを心がけています。
  • 放射線部
  • がん診療センター

対象疾患

画像診断部門

全科の疾患が対象になります。

放射線治療部門

ほぼすべてのがん疾患、および一部の良性疾患が対象になります。

治療内容

画像診断部門

画像診断とはCT、MRI、核医学検査などの画像から病気の有無やその原因を探すことをいいます。近年これらの装置が進歩し、短時間で高精細な画像が撮れるようになりました。身体の中が詳しく、鮮明にみえるようになったおかげでわかるようになった疾患もあります。放射線診断医はレポートを作成し、主治医の先生方や地域連携先の先生方に報告しています。直接お目にかかることは少ないのですが、陰ながら患者さんの為に貢献しています。
また画像を用いて治療を行うIVR(interventional radiologyの略)も行っています。カテーテルというやわらかく細いチューブを足の付け根や腕の血管に挿入し、血管の中を通して目的とする臓器に進め、造影剤を注入しながら撮影したり、治療を行ったりするものです。当科では主に肝がんの治療を行っています。

放射線治療部門

放射線治療は外科治療、化学療法(抗がん剤)と並んでがんの主要な治療法のひとつです。切らずに治療するので身体に与えるダメージが少なく、形態と機能を温存できる利点があります。放射線治療の利点が一般的に知られてこなかったのは、放射線を身体にあてるのは怖い、あるいは非常に副作用が多いと思われていた、また治療成績が必ずしも十分ではなかったからだと思われます。今は高度な治療が可能となり、治療成績も向上し、副作用も随分減ってきています。
放射線で完治するがんがあり、たとえ完治しなくても抗がん剤などと併用することでより高い治療成績を上げられるようになったがんが増えているのです。当院でも最新鋭の高精度放射線治療装置を導入し、従来に比べがん組織に集中して放射線をあてることができるようになりました。
定位放射線治療、強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy IMRT)の施設基準に適合しており、高精度放射線治療を進めています。

治療実績

検査件数

2012年 2013年 2014年 2015年
CT 32139 33829 32554 32137
MRI 11383 11235 11531 11444
核医学 1490 1551 1527 1599

放射線治療

2012年 2013年 2014年 2015年
新規患者数 365 374 296 288
定位照射 25 20 21 14
3 1 0 0
4 4 1 1
IMRT 前立腺 57 63 36 49
その他 56 27 32 46
前立腺小線源治療 16 21 16 17

医師スタッフ紹介

放射線科の医師・スタッフはこちらからご覧ください。

外来担当医表一覧

放射線科の外来担当医表一覧はこちらからご覧ください。

当科の学会施設認定

放射線科専門医修練機関

PageTop