病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 救急・時間外のご案内
入院のご案内
医師紹介
部門・センター紹介
お産について
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

神経内科

対象疾患

神経内科は、脳・脊髄をはじめ末梢神経、骨格筋の病気を扱うところです。脳の病気としては、脳梗塞が代表的ですが、その他パーキンソン病やアルツハイマー病(老人性認知症)など原因のよくわからない変性疾患、脳炎や髄膜炎などの感染症、一般的なところでは頭痛、めまいなどがあります。脊髄や末梢神経の病気では、手足の力が入らない、筋肉がやせる、しびれるなどの症状を示す疾患が多種類あります。 聞きなれない病気と思いますが、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症などの急性の免疫性疾患や脳炎・髄膜炎などの炎症性疾患は、近年種々の治療方法が導入され、早期に診断・治療をすることで改善率が向上しています。 不眠やイライラ、不安、うつ症状を訴え受診される方がありますが、これは心療(内)科や精神科が専門です。

主に扱っている病気を以下に示します。
  • 脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)、一過性脳虚血発作(TIA)
  • 変性疾患:パーキンソン病、認知症(アルツハイマー病)、脊髄小脳変性症
  • 感染症:脳炎、髄膜炎
  • 免疫性疾患:ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)、多発性硬化症、重症痕無力症、多発筋炎
  • その他:頭痛、めまい、しびれなどを示す疾患

治療内容

専門医をはじめとする経験豊かな神経内科医が診察をし、最新の医療設備を用いて総合的に病気の診断・治療を行っています。

脳梗塞の治療としては、超急性期のt-PAによる血栓溶解療法を早期に導入し、各種急性期治療とともに予防に力を入れています。t-PAによる治療は対象となる患者さんが限られており、特に発症後4.5時間以内に開始するという厳しい制約があります。t-PA投与にかかわらず、脳梗塞かなと思ったら夜間でも休みの日でもすぐに受診してください。
脳梗塞は今でも一旦発症してしまうと、一定の割合で死亡したり、後遺症を残します。麻痺など障害を残した場合は、リハビリの連携パスを利用し、なるべく早くリハビリの専門病院に移っていただき、じっくりリハビリに取り組んでいただくようにしています。病気にならないためには危険因子(高血圧、糖尿病、コレステロールや中性脂肪などの脂質代謝異常、喫煙など)の管理が不可欠で、地域のかかりつけ医との連携を重視しています。
免疫性神経疾患については、薬物療法のほか免疫グロブリン大量療法、血漿交換などを積極的に行っています。多発性硬化症の再発予防に対してはインターフェロンの注射を導入していますが、最近新しい治療法薬が認可され治療の幅が増えました。
変性疾患は根本的な治療が難しいため、主に外来診療が中心になります。

検査機器

<MRI>
磁気を利用して体の断面像をみることができる検査です。脳や脊髄の病気の診断に大変有用です。脳の動脈狭窄の有無なども外来で検査できます。
<マルチスライスCT撮影装置>
新鋭のCT装置で3D画像の構築が可能です。
従来は脳のカテーテル検査でしかわからなかった動脈の状態が、CTでスクリーニング可能になりました。
<脳SPECT撮影装置>
脳の血流を調べる検査です。脳梗塞や認知症などさまざまな病気の診断に有用ですが、費用がかかります。
<頚動脈エコー>
脳に血流を送る首の動脈の状態を調べる検査です。頚動脈の硬化、狭窄が強いと脳梗塞のリスクが増します。脳梗塞にかかった方以外に、生活習慣病のある方のスクリーニング検査としても有用です。
<心筋シンチ>
パーキンソン病の補助診断法として、最近重要性が増しています。
<電気生理検査>
脳波、筋電図、神経伝導検査、各種誘発検査

治療実績

脳梗塞、一過性脳虚血発作(TIA)は年間約300例。t-PAによる血栓溶解療法はこれまで40例以上行い、開発試験同様の良い結果を得ています。 免疫性疾患、感染症はいずれも患者数がそれほど多いものではなく、無菌性髄膜炎を除けば年間数人以下です。難治例もありますが、多くの方が社会復帰しています。

その他項目

<脳ドック>
MRI、頚動脈エコーを用いて、頭頚部の動脈や脳の検査をします。かくれ脳梗塞、未破裂動脈瘤、脳や頚部の動脈硬化・狭窄などの有無を調べ、脳卒中の予防につなげます。高血圧、糖尿病、高脂血症など生活習慣病のある方、肥満、喫煙など動脈硬化のリスクが高い方、ご家族のどなたかが脳梗塞、脳動脈瘤・くも膜下出血にかかったことのある方などは、必要性が高いと考えられます。
健康管理センターで行っていますのでそちらへお問い合わせください。

健康管理センター 健診・ドックページはこちら

医師スタッフ紹介

神経内科の医師・スタッフはこちらからご覧ください。

外来担当医表一覧

神経内科の外来担当医表一覧はこちらからご覧ください。

当科の学会施設認定

  • 日本神経学会専門医教育施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本認知症学会専門医教育施設
PageTop