病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 救急・時間外のご案内
入院のご案内
医師紹介
部門・センター紹介
お産について
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

脳神経外科

対象疾患

  • 脳血管障害(くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤、もやもや病、内頸動脈狭窄症、脳出血、脳梗塞、脳動静脈奇形など)
  • 脊椎脊髄疾患(頚部・腰部脊柱管狭窄症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア、脊髄空洞症、キアリ奇形、脊髄損傷、脊髄腫瘍など)
  • 脳腫瘍(グリオーマ、髄膜腫、下垂体腫瘍、転移性脳腫瘍など)
  • 頭部外傷
  • 機能的脳神経外科疾患(三叉神経痛、顔面痙攣など)
  • 低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症、脳脊髄液漏出症)

治療内容

脳動脈瘤

脳動脈瘤は各病院の脳神経外科が総力を挙げて取り組んでいる疾患の一つであり、治療方法としては開頭手術(クリッピング術)または血管内治療(コイル塞栓術)があります。近年、全国的には血管内治療が増加傾向にありその短期成績は良好です。しかしながら、長期予後は未だ不明であり、再発の危険性もクリッピング術と比較すると高率であるのが現状です。当院では長期にわたって患者さんに安心して生活して頂くために、特に根治性を重視して治療に取り組んでおり、原則的にクリッピング術を行っています。手術を安全に行うために各種モニタリングを用い、患者さんの希望があれば無剃毛手術も行っております。治療困難な動脈瘤に対してはバイパス術を併用する事により根治的な治療を行っております。

閉塞性血管障害

当院の最大の特色としては各種血行再建術に力を入れている所にあります。頭蓋内血管閉塞もしくは狭窄症に対するバイパス術、内頸動脈狭窄症に対する内膜剥離術、もやもや病に対する血行再建術に関しては特に自信を持っており、手術件数は県内トップクラスです。過去にはバイパス手術の有効性を確かめたJET studyにも参加した経験を持ち、こうした血管吻合の技術は、治療困難な巨大脳動脈瘤や血管を巻き込んだ脳腫瘍の摘出術等でも威力を発揮し、治療の選択肢が拡がる結果となっています。また、手術適応については毎日神経内科医との合同カンファレンスにて検討しています。

脊椎脊髄疾患

「脳神経外科」というと脳の病気だけを治療する科と思いがちですが、決して脳だけではなく、 脊髄や末梢神経に至るまですべての神経疾患を扱います。当院では脊椎脊髄疾患を脳疾患と同等に扱い診断・治療を行なっており、脊椎脊髄疾患の手術は全て脳神経外科で行っております。手足がしびれる、力が入りにくい、歩きにくいなどといった症状は脳の病気でも起こりますが、 脊椎・脊髄の病気や末梢神経の病気でも見られます。当院の脳神経外科スタッフは脳疾患のみならず脊椎脊髄疾患にも精通しており、頭のてっぺんから手足の先まで全ての神経を詳細に診察し、その原因がどこにあるのかを評価しています。また、脳の手術で習得した手術顕微鏡を用いることにより細かい操作が可能となり、より安全で正確な手術を行うことができます。更には整形外科医や神経内科医の協力を得ながら、保存的治療を行った上で手術適応を決定しています。

脳腫瘍

良性腫瘍から悪性腫瘍までさまざまな腫瘍に対する手術を行っています。年齢、予測される余命等も考慮し手術適応、あるいは切除範囲を決定し、機能を悪化させない手術を原則としています。⼿術をより安全におこなうために、近年の術中電気生理学的モニタリング、神経内視鏡、ナビゲーションシステムなどの技術の進歩にはめざましいものがあります。その結果、たとえ悪性のものであっても⼿術による合併症が最⼩限に抑えられ、しかも腫瘍摘出精度の格段の向上が可能となってきました。更に、平成25年度3月からは最新の3T MRI装置が導入され、従来の1.5T装置に比べ高分解画像が得られ、functional MRIの質も向上し言語野等の高次脳機能への応用が期待され、術前の情報として運動野や言語野の同定にも優れています。また、下垂体腫瘍に対しては内分泌内科医と連携をとりながら治療に取り組んでおり、手術には神経内視鏡を用いて低侵襲に摘出術を行っております。

治療実績

手術件数

手術名 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
開頭クリッピング術 48 64 43 42 55
血管吻合術 44 37 26 37 19
内頚動脈内膜剥離術 44 37 28 33 48
開頭腫瘍摘出術 33 27 32 25 20
脊椎脊髄疾患手術 85 113 140 120 125
神経内視鏡手術 4 12 7 9 6
開頭血腫除去術 25 19 19 33 30
穿頭血腫除去術 83 83 91 71 57
脳室腹腔短絡術 27 29 20 25 19
脳室ドレナージ術 7 9 12 3 7

患者さんが納得できるように疾患と治療法について十分な説明を行い、手術治療においてはより安全、より確実を最も重要な方針としており、可能な限り根治治療を目指しています。また、当院スタッフのみでは治療困難な場合は大学病院等から専門の医師に応援を依頼し出来る限り様々な疾患の患者さんに対応できるように努めております。更には近年、話題になっている脳脊髄液減少症に対する検査、治療も積極的に行っています。

中京病院脳神経外科について

医師スタッフ紹介

脳神経外科の医師・スタッフはこちらからご覧ください。

外来担当医表一覧

脳神経外科の外来担当医表一覧はこちらからご覧ください。

施設認定

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
PageTop