病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 救急・時間外のご案内
入院のご案内
医師紹介
部門・センター紹介
お産について
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

腎臓内科

腎臓内科の紹介

2015年4月より、「腎・透析科」から「腎臓内科」に名称変更しました。
2012年8月に腎臓病センターを開設しましたので、詳しくはこちらもご覧ください。

対象疾患

  • CKD(慢性腎臓病):透析導入前の全身管理
  • 慢性腎炎症候群(各種腎炎、ネフローゼ症候群など)
  • 末期腎不全:血液透析・腹膜透析の管理
  • 腎移植後の管理
  • シャント合併症

治療内容

  1. CKD:Chronic Kidney Disease(慢性腎臓病)
    簡単に言うと、「腎臓に何らかの障害がある状態」です。 CKDがあると様々な合併症のリスクが増えることが分かっています。 そのため腎臓の治療のためには体全体を考えて治療をしていく必要があります。 当科では広い視野で診ながら、必要に応じて他科との連携を取りつつ治療を行います。
  2. 慢性腎炎症候群
    腎生検を含めた各種検査によって腎炎の病型(タイプ)を判定し、それに応じた治療を行っています。 腎炎は自覚症状が無く検尿異常で初めて見つかる場合が多数あります。 長年放置することで腎不全につながる腎炎もありますので、健診や開業医さんでの尿検査で異常が続く場合はお気軽に受診ください。 早期に診断・治療することで、将来の腎機能低下を予防できる可能性があります。
  3. 末期腎不全(各種腎代替療法)
    保存的治療(薬剤・生活習慣など)だけでは対応できない腎不全の状態を意味します。 この場合、透析療法・腎移植などの腎代替療法が必要となってきます。 透析には、血液透析・腹膜透析がありますが、個々の病態や生活状況に応じてどちらかを選択することになります。 腎移植に関しての窓口は泌尿器科になりますが、ご質問などがありましたら外来でご相談に乗ります。また、希望される場合には泌尿器科への紹介もいたしますのでお申し出ください。
  4. 腎移植後の管理
    腎移植で入院された際は泌尿器科が主科となりますが、当科も連携して治療を行っていきます。 また、退院された後の外来での管理は当科が担当しています。 内科的視点で総合的に管理することで、移植後の各種合併症を防ぎ長期成績の改善を目指しています。
  5. シャント合併症
    シャント閉塞や感染等の各種合併症について対応しています。 治療のためにはそれまでの治療経過・手術記事等の情報が必要です。 受診される際は、透析施設からの紹介またはシャント外来の予約を取ってください。

治療・検査実績(2013年)

腎生検 42件(うち移植腎13件)
手術件数(シャント等) 237件
シャントPTA 147件

医師スタッフ紹介

腎臓内科の医師・スタッフ紹介はこちらからご覧ください。

外来担当表

外来担当医表はこちらからご覧ください。

当科の学科施設認定

  • 日本腎臓学会教育認定施設
  • 日本透析医学会教育認定施設
PageTop