病院長挨拶
病院紹介
入院のご案内
外来のご案内
救急・時間外のご案内
外来診療担当表
面会について
医師紹介
診療科紹介
部門・センター紹介
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ
ご寄付のお願いについて
新棟建設基金 ご支援のお願い

呼吸器内科


対象疾患

 長引く咳・痰、呼吸困難、胸痛といった症状がある時や、健康診断で胸のX線写真・肺機能の検査・痰の検査異常を指摘された時に、その原因を調べて、対処法や治療法を提案・施行します。具体的には、肺がん・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支喘息・肺炎・間質性肺炎・気胸や肺結核・肺非結核性抗酸菌症・縦隔腫瘍・胸膜中皮腫などの疾患を担当する診療科です。

主な対象疾患と治療

肺がん

 肺がんの治療法は主に手術療法・放射線療法・抗がん剤療法の3つからなり、複数の治療法を組み合わせる場合もあります。当院では最適な治療を患者さんに届けることができるよう、呼吸器外科医、放射線科医、看護師とともに定期的にカンファレンスを開催し、治療方針を患者さんに提示いたしております。近年、肺がんの抗がん剤治療は大きく進歩し、患者さん自身の免役の力を使う抗がん剤(免疫チェックポイント阻害薬)や、特定の遺伝子にターゲットを絞った抗がん剤(分子標的薬)が使用できるようになりました。分子標的薬は特別ながん遺伝子異常をもつ患者さんのみに使用できる抗がん剤ですが、標的となる遺伝子異常を見つけるには、一度にたくさんの遺伝子を調べる検査(遺伝子パネル検査)が有用です。当院は「がんゲノム医療」に積極的に取り組んでおり、肺がんに関しては臨床試験「LC-SCRUM-Asia」に参加し、がん組織のみならず血液検体による遺伝子パネル検査も行っています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)はタバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで発症する肺の病気で、肺気腫と呼ばれることもあります。咳や痰、息切れなどの症状がみられ、悪化すると酸素療法が必要となる場合もあります。診断には、肺活量を調べる肺機能検査や胸部CT検査が用いられます。日本人の500万人以上がCOPDに罹患しているという報告もあり、多くのCOPD患者が診断されず、見過ごされています。喫煙歴がある方で上記の症状に身に覚えのある方は一度、呼吸器内科の受診をお勧めします。COPDは高血圧や糖尿病と同様、生活習慣病の一つです。当院はかかりつけの医療機関と連携し、COPDの初期診断、治療方針の提示、治療中の再評価、呼吸リハビリテーションなどを行っております。

気管支喘息

 気管支喘息は、何らかの原因による炎症が生じて空気の通り道が狭くなり、咳が続いたり、息苦しくなったりする病気です。感冒などをきっかけに発作を生じ、喘鳴(「ぜーぜー」、「ヒューヒュー」といった呼吸音)が特徴的です。ペットなどに対するアレルギーが原因となる場合があり、アレルゲンを避けることも大切です。喘息の治療は吸入薬が中心で、炎症を抑えるステロイドや気管支を広げる薬剤が用いられます。吸入薬は正しく使用しないと効果が得られないため、患者さんに適切な指導を受けていただく必要があります。当院では名古屋市南区薬剤師会の協力を得て、院外薬局における吸入指導の共通依頼箋の運用を行っております。  この地域では喘息患者さんが多く、当院は多数の重症喘息患者さんの診療を行っております。治療にもかかわらず発作を繰り返してしまう患者さん、ステロイド内服薬を常用するような難治性喘息の患者さんも一度ご相談ください。

肺炎

 肺炎は肺の中で細菌やウイルスなどの病原体が増えることで発症する炎症性疾患です。肺炎は高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位を占めます。高齢者では消化管の中を通っていた食べ物や唾液などが誤って気道に入ってしまい、その結果、消化管や口腔内にある菌が肺に到達して炎症を起こす誤嚥性肺炎が多く見られます。誤嚥性肺炎の治療には食種変更・嚥下訓練・口腔ケア・胃食道逆流予防の体位の工夫など非薬物療法も重要となり、当院では言語聴覚士や理学療法士、栄養士など様々な職種が共同して治療をおこないます。

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)と肺線維症(はいせんいしょう)

 肺では、吸い込んだ空気は肺胞と呼ばれる小さな袋に入り、そこから酸素が「間質(かんしつ)」とよばれる組織を通って血管に入ります。間質性肺炎は、何らかの原因でこの間質に炎症が起こる疾患です。原因は多岐にわたり、関節リウマチなどの自己免疫疾患、薬の副作用、カビなどに対するアレルギーなどがありますが、多くは特定の原因がない特発性間質性肺炎(とくはつせいかんしつせいはいえん)と診断されます。肺線維症(はいせんいしょう)は間質性肺炎の中で最も多くみられるタイプで、難治性です。肺線維症はこれまで有効な治療がありませんでしたが、近年、抗線維化薬という薬剤が使用できるようになりました。高額な薬剤ですが、特定難病疾患の認定を受けることで治療費の公費助成を受けられる場合があります。希望があれば医療相談員が治療費や認定申請について説明いたします。肺線維症に限らず、間質性肺炎は診断・治療方針の決定が非常に難しい病気です。当院では臨床試験「PROMISE study」に参加し、国内の複数のエキスパートの意見を参考に、治療方針を決定しております。

禁煙治療

 喫煙は肺がん、慢性閉塞性肺疾患(COPD)のみならず、食道がんなどの様々ながん、脳卒中や虚血性心疾患、胃潰瘍といった疾患と関連があります。また肌の老化を促進することも知られています。喫煙者の家族が肺がんになりやすくなる、子供が喘息を発症しやすくなる、など受動喫煙により周りの人の健康を害してしまいます。タバコ煙に多く含まれるニコチンは一部の麻薬よりも強力な依存性をもつことが知られており、タバコをやめられない方の多くは「ニコチン依存症」です。麻薬と同じように、いくら努力してもニコチン依存症から抜け出せない人もいます。そのような人には禁煙外来をおすすめします。禁煙外来では禁煙補助薬を使用してタバコを吸いたいという気持ちや、タバコを美味しいと思う気持ちを押さえて、楽に禁煙ができます。タバコをやめたいけど、どうしてもやめられない方、是非ご相談ください。

気胸

 気胸とは、肺の空気もれが起こり、肺がパンク・虚脱してしまう疾患です。突然、呼吸が苦しくなったり、胸が痛くなったりします。長身でやせ型の男性や、もともと肺の病気をもつ人に多く発症します。軽度の場合は安静にしていれば自然に治癒することがありますが、中等度以上の場合はチェストチューブという管を挿入して空気を抜く胸腔ドレナージという治療が必要になることがあります。これらの治療で改善が得られない場合や再発を繰り返す場合は手術治療を検討します。また、手術が難しい場合にはチューブから接着剤をまいて肺をくっつけたり(癒着術)、気管支鏡というカメラを用いて穴の開いた気管支にシリコンの栓をつめるという治療を行う場合もあります。

治療実績

診療実績表 (2019年)

項目 実績データ
外来患者数 14,719人
 項目 実績データ 
 退院件数(入院患者数) 1130 人
 項目(疾患別件数) 実績データ 
 間質性肺炎  74件
 結核  19件
 肺癌 426 件
 中皮腫 8 件
 喘息 40 件
COPD 69件
 項目 実績データ 
 新規肺癌登録者数  142人
項目  実績データ 
気管支鏡総数   295件
 EBUS-TBNA  31件
 EBUS-GS  113件
 局所麻酔下胸腔鏡  5件
 気管支充填術  3件

その他

 名古屋市南部の大気汚染呼吸器疾患診療を担当してきた歴史があり、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息の診療実績が豊富です。がん拠点病院として、肺がん診療も重点化しており、呼吸器外科・放射線科・緩和ケアチームとの連携による包括的取り組み、また、がんセンター・名古屋大学付属病院等の他施設との連携診療も積極的に行なっています。

医師スタッフ紹介

 呼吸器科の医師・スタッフはこちらからご覧ください。

外来担当一覧

 呼吸器科の外来担当医はこちらからご覧ください。

当科の学会施設認定

  • 日本呼吸器学会教育認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医関連認定施設
  • 日本アレルギー学会教育認定施設
  • 日本禁煙学会認定教育施設
PageTop