病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 救急・時間外のご案内
入院のご案内
医師紹介
部門・センター紹介
お産について
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

外科

対象疾患

  1. 消化器外科
    1. 悪性疾患:食道がん胃がん大腸がん肝がん胆道がん膵臓がんなど
    2. 急性腹症:虫垂炎、腸閉塞、腹膜炎など
    3. その他:胆石症、総胆管結石、外傷など
  2. 乳腺、内分泌外科
    1. 乳がん、甲状腺がんなど
  3. 血管外科
    1. 腹部大動脈瘤、下肢血行障害、下肢静脈瘤など
  4. 一般外科
    1. 小児および成人のソケイヘルニア、肛門疾患(便失禁に対する仙骨神経刺激療法,内痔核に対するALTA療法)、体表の腫瘍
  5. 女性外来
    1. 乳腺・甲状腺疾患
    2. 肛門疾患(便失禁に対する仙骨神経刺激療法,内痔核に対するALTA療法)

治療内容

がん診療

 当院は国の指定した“地域がん診療連携拠点病院”であり、特にがん診療に力を入れています。外科では頻度の高い胃がん・大腸がん・乳がんはもちろんのこと、比較的頻度の低い他のがんにおいてもガイドラインに則った標準的手術を行っています。胃がん・大腸がん・乳がんにおいては手術後にかかりつけ医と中京病院の両方で患者さんの主治医となる“がん診療地域連携診療パス”(愛知県統一パス)を行っています。これは日々の診療はかかりつけ医で行い、半年毎に中京病院で定期検査を行っていくシステムです。これにより当院への頻繁な通院が不要となり、外来での長い待ち時間から開放されます。

消化器がん

 腹腔鏡を用いた手術により、従来行っていた開腹手術よりも傷が小さくなり手術後の回復が明らかに早くなりました。体への負担が少ないので高齢者の方々に対しても有用であると考えています。大腸がんにおいては既に年間70~80例(大腸がん症例の6~7割)前後の患者さんに腹腔鏡を用いた手術を行っています。胃がんにおいては早期がんのみを対象としていたため以前は年間10例(胃がん症例の1~2割)前後の件数でしたが、開腹手術同等のリンパ節郭清を行うようになり従来の早期がんだけでなく一部の進行胃がんにも腹腔鏡手術を行うようになりました。最近では年間20例(胃がん症例の3割)前後の症例に腹腔鏡手術を行っています。

sg01

 食道がん手術においても腹腔鏡を導入しています.以前は、食道がん手術はお腹を大きく開腹して腹腔内操作を行い、その後に胸を横から背中の筋肉まで大きく切って、食道を切除して胃と食道を吻合再建していました。この方法は患者さんの体力的にも大きな負担がありました。そこで、腹腔内操作は腹腔鏡を用いて5㎝程の傷で行い、胸腔操作も背中の筋肉は切らない開胸アプローチで行う方法を導入しています。これにより患者さんの体力の回復は早くなりました。腹腔鏡手術はかなり安全に行われるようになりましたが、病気の種類や患者さんの病状によっては困難な症例もまだまだたくさんあります。中京病院では十分な安全性を確認しながら、腹腔鏡手術の適応を広げています。

sg02

 肝・胆道・膵臓のがんにおいても、当院外科医師は名古屋大学第一外科学教室の出身スタッフであることからこれらの領域の拡大手術も積極的に行っています。肝がん胆道がんの拡大肝切除の症例では3次元画像解析システムボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENTを用いて術前に肝切離のシミュレーションと残肝容積の計測を行い手術に臨んでいます。膵臓がん手術においては前方アプローチを用いて約半数の症例に門脈合併切除血行再建を行っています。

sg03

 また、消化器がんにおいては,がんの病変が広がって手術による切除が困難な患者さんもいます。このような場合でも抗がん剤治療を行い、がんが小さくなり切除が可能となった場合はConversion Therapyといって根治的な病変の切除を行っています。大腸がんの肝転移症例などに行ってきましたが、局所進行直腸がんや局所進行胃がんの症例にも行うようになり患者さんの予後の改善を目指しています。

乳がん・甲状腺がん

 乳がんにおいてはマンモグラフィーでしかわからないような石灰化病変などではステレオガイド下マンモトーム生検を行っています。このため早期に発見される患者さんが増えました。また、早期乳がんであるにもかかわらず、病変の部位や範囲によっては乳房全摘が必要な場合もよくあります。このような患者さんでも,御希望に合わせて人工乳房による二期的再建や広背筋などの自家組織による一期的再建などを形成外科と協力して行っています。女性医師の診察をご希望のかたは女性外来も開設しています。

saiken

 甲状腺がんの治療には手術・放射線治療・薬物療法(ホルモン療法,抗がん剤治療)などがあります。多くの場合手術が基本となります。甲状腺をどの程度取り除くかはがんの種類や大きさ、リンパ節への飛び火(転移)の状態によって異なります。甲状腺をすべて摘出する手術(甲状腺全摘術)を受けた患者さんはがんの再発や飛び火(転移)の危険性を少なくするために、手術後に放射性ヨウ素(放射線を出すヨウ素)を内服して残った甲状腺組織を破壊するアブレーションを追加することがあります。甲状腺が甲状腺ホルモンを作るためにヨウ素を取り込む性質をもっていることを利用した方法で、甲状腺がんに特有の治療法です。目でみえないくらいの小さいがん細胞もつぶしてくることが目的です。2016年は3例おこないました。
 最後にがんの治療は、技術の進歩や医学研究の成果とともに変化します。現時点で得られている科学的な根拠に基づいた最もよい治療のことを「標準治療」といいます。“地域がん診療連携拠点病院”である中京病院外科ではこの標準治療に準じた治療を行っています。

血管外科

 腹部大動脈瘤は常に破裂の危険性を伴う疾患で、5cm以上に拡張した瘤は手術適応になります。当科では破裂を未然に防ぐための待機手術はもちろんのこと、破裂例でも積極的に救命手術を行っています。さらに最近では腹部を切らないステントグラフト挿入による治療も導入しています。このほか、下肢血行障害に対する人工血管バイパス手術や血管内治療、下肢静脈瘤の手術も行っています。 虚血性あるいは静脈瘤に伴う足部皮膚潰瘍については、フットケアチームとともに治療を行っています。

急性腹症

 多くの場合良性の疾患ですが腹痛を伴い何らかの緊急処置が必要な病態を指します。頻度の高い疾患としては急性虫垂炎、十二指腸潰瘍穿孔による腹膜炎、絞扼性腸閉塞(腸管の循環障害を起こした腸閉塞)、急性胆のう炎、ヘルニア嵌頓(ヘルニア内容が出たまま戻らない状態)などが挙げられます。これら緊急性の高い疾患に対して、当科では24時間対応で診療に当たっています。

急性虫垂炎

腹腔鏡手術を中心に行っています。症例に応じて単孔式手術も行っています。

chusuien

急性胆嚢炎

当院では発症から早期の場合は急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン2013に準じて可能であれば早期手術を行い入院期間の短縮をはかっています。

その他

ソケイヘルニア

俗にいう「脱腸」のことです。手術でしか治りません。ヘルニアの穴を塞ぐために人工補強材(メッシュ)を用いることが主流です当院では2015年から成人のソケイヘルニアに対して腹腔鏡手術を導入しました。年間30例以上行っています。腹腔内アプローチ(TAPP)法腹膜外アプローチ(TEP)法も症状に合わせて使い分けています。TEPを行える施設は多くはありませんが、腹部手術既往のある患者にも可能であるため当院では積極的に行っています。また、小児のソケイヘルニアにおいても腹腔鏡手術を導入しています。

sokei

肛門疾患

よくある肛門疾患である内痔核(俗にいう「いぼ痔」)に対して、これまでの治療法は薬物療法か手術療法でした。当院では内痔核硬化療法(ALTA療法)を日帰り外来治療で行っています。内痔核硬化療法(ALTA療法)とは、痔に直接、注射(ジオン注)を打って血管に炎症を起こして痔をつぶすものです。メスを使わない、切らずに治す痔の治療法です。女性医師の診察をご希望のかたは女性外来も開設しています。

トピックス

便失禁に対する仙骨神経刺激療法

 「知らないうちに下着に便がついていた。」「排便が間に合わない」「いつ便がもれるかわからず一日中パッドをつけている。」などの症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?
これらの病態は“便失禁”といわれるものです.時に快適な生活を送る上で妨げとなることもあります。実際病院にかかろうと思っても何科を受診していいかわからない、加齢によるものなので仕方がないとあきらめていらっしゃる方も多いのが現状のようです。
 外科では便失禁の診療をしています。便失禁の原因はさまざまで,加齢も一因ですが、治療により改善を期待することができます。まず保存的療法(生活習慣改善,薬物療法や骨盤の筋肉を鍛える療法など)を試み、効果がない場合は、外科療法の一つである仙骨神経刺激療法という選択肢があります。これは小型の刺激装置をおしりに埋め込み仙骨神経に電気刺激をあたえることで、便失禁の回数を抑える治療法です.中京病院では2017年3月に便失禁に対する外科療法である仙骨神経刺激療法の施設基準をクリアし準備が整いました。

 女性の患者様へのご案内です。すでに当院では2012年より女性外来を開設し、肛門・乳腺疾患を中心とした女性医師の診察を希望される患者様の診療をおこなっていますが、便失禁に対してもWOC(排泄ケア)認定看護師と女性医師による診察、治療をおこなっています。初診でも予約することができます。女性外来のご案内はこちらです。

治療実績

全手術件数(2016年)

全手術件数 1116件
全身麻酔手術 721件、腰椎麻酔手術 92件、局所麻酔手術 303件

おもな疾患別の手術件数(2016年)

乳がん手術: 63 甲状腺手術: 18
食道手術: 4 虫垂炎手術: 69 (56 *1)
胃手術: 64 (18 *1) 腸閉塞手術: 32 (6 *1)
大腸手術: 127 (70 *1) ヘルニア手術: 136 (32 *1)
肝臓手術: 27 腹部大動脈瘤手術: 25 (3 *2)
膵臓手術: 14 動脈バイパス手術: 20
胆嚢手術: 107 (100 *1) 下肢静脈瘤手術: 36 (28 *3)

*1 腹腔鏡手術 *2 ステントグラフト手術 *3 レーザー手術

医師スタッフ紹介

外科の医師・スタッフ紹介はこちらからご覧ください。

外来担当表

外科の外来担当医表はこちらからご覧ください。

当科の学会施設認定

  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本脈管学会認定研修指定施設
  • 日本乳がん学会関連施設
  • 日本静脈経腸栄養学会認定教育施設
PageTop