病院長挨拶
病院紹介
入院のご案内
外来のご案内
救急・時間外のご案内
外来診療担当表
面会について
医師紹介
診療科紹介
部門・センター紹介
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
看護専門学校
中京病院facebookページ

病院長挨拶

院長

 令和2年4月1日付で病院長として着任いたしました後藤百万(ごとうももかず)と申します。この場をお借りして新任のご挨拶を申し上げます。

 私は1980年に大学を卒業後、名古屋大学医学部泌尿器科に入局し、大学院、海外留学、碧南市民病院泌尿器科部長としての10年間の勤務を経て、1998年から名古屋大学に戻り、2006年から約14年間泌尿器科学教室の教授を務めさせて頂きました。名古屋大学在職中には、副病院長、安全管理部長、経営戦略本部長として病院の運営にも関わりましたが、泌尿器科外科医として、手術による治療に力を注ぎ、特に腹腔鏡手術やダ・ヴィンチによるロボット手術の開発と普及に尽力いたしました。今回、長い歴史と伝統のある中京病院に、絹川院長の後継として勤務できますことは非常に光栄であるとともに、重責を感じています。

 独立行政法人地域医療機能推進機構JCHO中京病院は、創立から74年となる長い歴史の中で、名古屋市南部および知多半島を含む医療圏において、常に地域住民の皆様のニーズに応え、患者さんに寄り沿う医療、安心で質の高い医療、多彩で専門性の高い医療を提供させていただき、評価をいただいてまいりました。他方、超高齢社会を迎える我が国において、地域包括ケアの実現に向けて医療が大きく変わりつつあります。つまり、“治す医療”から“支える医療”に変革が進む中、地域中核病院の役割も変化しつつあります。JCHO中京病院は、今後とも5疾患(がん・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・精神科疾患)、5事業(救急・災害・僻地・周産期・小児)を中心に急性期総合病院としての役割を果たすとともに、併設する介護老人保健施設を含め、“地域包括ケアの要として、地域にある医療・介護・福祉機関と密接に連携して、予防・介護とシームレスに質の高い医療を提供する体制の充実・強化に取り組み、地域の皆様の生活を支える”、そのような病院でありたいと思います。

 さらに、医療の進歩がめざましく、先進医療の開発が日進月歩で進むなか、先進医療を積極的に取り入れ、難治性疾患にも対応できる高機能総合病院としての能力を備え、地域のみならず、全国から患者さんが期待して受診されるような病院を目指します。

 絹川前院長が、「地域の皆様から“中京病院は素晴らしい病院である”という評価ではなく、“中京病院があるこの地域は素晴らしい”という評価を頂ける病院でありたい」と、秀逸で熱い思いを述べられていますが、職員一人一人が、患者さんに寄り沿う心のこもった医療を提供し、プロフェッショナルとしての技術を磨き、この思いを受け継ぎ、そして地域の皆様と共に実現したいと思います。

病院理念

私たちは患者さんの心を最も大切にし
患者中心の質の高い医療を提供します

患者さんへの約束

患者さんの意思と権利を尊重します
みなさんの生活背景や多様な障害に配慮した診療・ケアを提供します
患者さんも参加する心の通い合う医療を提供します
病状や治療方針を分かりやすく説明し、納得して選択ができるようにします
明るく親切な対応で快適な環境を整えます

職員の行動規範

医療に関する倫理、法令、指針を守ること
良好なコミュニケーションで、チーム医療の質を上げること
自らよく学び、後進の教育も熱心に行うこと
地域の医療機関と連携を図り地域医療に貢献すること
安定した経営を念頭に,保険診療,予防医療を適切に行うこと

PageTop