病院長挨拶
病院紹介
入院のご案内
外来のご案内
救急・時間外のご案内
外来診療担当表
面会について
医師紹介
診療科紹介
部門・センター紹介
セカンドオピニオン外来
診療実績臨床指標
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
健康管理センター
介護老人保健施設
附属看護学校卒業生の方へ
中京病院facebookページ
中京病院公式Youtubeチャンネル
ご寄付のお願いについて
新棟建設基金 ご支援のお願い

薬剤部


薬剤部のご紹介
チーム医療
薬学部6年制実務実習
スタッフ紹介
専門・認定薬剤師
院内フォーミュラリ

保険薬局の皆様へ

   ・院外処方における疑義照会簡素化プロトコルに関するご案内

   ・残薬調整(減数調剤)に関するご案内

   ・その他のご案内

製薬企業の方へ

 

薬剤部のご紹介

はじめに

 薬は正しく使用されないと効果が現れなかったり、逆に症状が悪化したりすることがあります。薬剤部では患者さんに安全で安心してお薬を服用していただくために、厳重にチェックされたお薬をわかりやすく正確な情報とともに提供するよう心がけています。
また当院の薬剤師は、がん診療センター、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチーム、院内感染対策チームなどに参加し医師、看護師などの医療スタッフとともに医療チームの一員として活動しています。

薬務管理室

 薬務室は、当院で使用する医薬品の購入と供給管理を行っています。病院内には医師、薬剤師などで構成されている薬事委員会があり、医薬品の採用など医薬品に関するすべての審議が行われています。薬務管理室はこの委員会の事務局も務め、医薬品の適正管理を行っています。

調剤室

調剤室 外来、入院の患者さんのお薬を処方箋に基づいて調剤しています。お薬の飲み合わせや適正な使用方法を薬学的に管理するとともに、有効性・安全性の高いお薬を患者さんに提供しています。お薬の事で不明な点は薬局の窓口でお気軽に相談して下さい。
当院は市内の病院に先駆けて平成9年10月から全面的に院外処方箋を発行しています。

麻薬管理室

 当院では緩和ケアチームが配置されているため、がんの痛みを和らげるためにかかせない医療用麻薬を取り扱っています。麻薬管理室では担当薬剤師が麻薬に関する諸手続きや管理を行っています。

注射薬室

注射薬 おもに入院の患者さんの注射薬を処方箋に基づいて調剤しています。薬剤師が重複投与、用法用量、相互作用等を薬学的に管理し、患者さん別のトレーにセットして各病棟に払出しています。
当院は地域がん診療連携拠点病院です。抗がん剤はコンピューターシステムとがん専門薬剤師により厳重に管理されています。また入院外来すべての抗がん剤を薬剤部の無菌室で調製し有効性・安全性の高い治療法を提供しています。

製剤室

 製剤室では、治療に必要な市販されていない医薬品(院内製剤)などを調製しています。院内製剤の安全性・有効性は院内の審査委員会で充分な審議をされています。

医薬品情報室

 医薬品情報室では、医薬品を有効かつ安全に使用していただくため、医薬品に関する情報を医療スタッフに提供しています。

病棟業務室

 当院では平成3年1月から病棟業務を開始し、平成10年7月には全病棟に薬剤師が常駐する体制をとっています。各病棟の薬剤師が入院患者さんのベッドサイドに伺い、過去に経験した副作用やアレルギーなどの確認をします。
お薬の薬効や副作用の説明を行うとともに、治療に使用されているお薬の効果や副作用を確認し、医師・看護師など他の医療スタッフと常に連携を取りながら安全で適正な医療が提供できるよう努めています

チーム医療

病棟業務室 チーム医療とは多職種の医療スタッフがチームを組み、緊密に連携しながら治療やケアを行うことです。当院の薬剤師は医療チームの一員として、専門性を発揮しています。

薬学部6年制実務実習

 当院では薬学部6年制カリキュラムの一環として、薬剤師の監督・指導のもと薬学生が実務実習に取り組んでいますので、患者さんのご理解をよろしくお願いいたします。

スタッフ紹介

薬剤部長 伊藤和幸
副薬剤部長 久田純生、浦崎圭太
主任薬剤師 鈴木一志、中根茂喜、菱田栄子、長谷川徹、一木万奈美、植村太志、佐々木宏徳、松下直樹
その他薬剤師 20名

令和4年6月現在

専門・認定薬剤師

  • 日本医療薬学会 指導薬剤師 2名
  • 日本医療薬学会 専門薬剤師 3名
  • 日本医療薬学会 がん指導薬剤師 1名
  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師 3名
  • 日本病院薬剤師会 日病薬認定指導薬剤師 10名
  • 日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師 8名
  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
  • 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 10名
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 8名
  • 日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師 1名
  • 日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
  • 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
  • 日本リウマチ財団 リウマチ登録薬剤師 1名
  • 日本アンチ・ドーピング機構 公認スポーツファーマシスト 2名
  • 日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士(薬剤師) 2名
  • 日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー(薬剤師) 1名
  • 日本医療情報学会 医療情報技師 1名

令和4年4月現在

院内フォーミュラリ

「フォーミュラリ」とは、有効性や安全性、費用対効果などを踏まえ処方できる医薬品を「第一選択薬」、「第二選択薬」として標準化した院内の投与指針です。

標準薬物治療の推進、医療費の抑制および病院や診療所、保険薬局との連携による地域医療への貢献を目的に、当院が定めるフォーミュラリを公開します。

 

※医療関係者を対象に情報を公開しています。一般の方に対する情報公開を目的としたものではありませんのでご了承ください。

※本フォーミュラリを、企業のプロモーション等に利用しないでください。

院内フォーミュラリ一覧

 

保険薬局の皆様へ

後発医薬品への変更について

後発医薬品の変更調剤については全て連絡不要とします(可能な限りお薬手帳に記載して下さい)。

名古屋南部統一吸入指導箋について

 当院では病院と保険薬局の間で治療に必要な情報を交換・共有し、患者さんを中心に連携して有効で安全な吸入療法を行うため名古屋南部統一吸入指導箋を活用しています。院外処方箋とともに吸入指導箋を提出された患者さんへ吸入指導のご協力をお願いします。また吸入指導箋を持参されていない患者さんについても、保険薬局で吸入指導が必要と判断された場合には下記より同意書と指導箋を印刷してご活用ください。

製薬企業の方へ

担当者管理システム「MONITARO-Lite」導入のお知らせ

 当院は薬剤師と製薬会社および医薬品卸会社との円滑な情報交換を目的にMONITAROによる情報伝達システムを導入しております。製薬会社と医薬品卸会社のご担当者様はMONITAROへ登録をして頂き、連絡およびアポイント申請をお願いします。

問い合わせ先:株式会社スマートホスピタル info@smarthp.co.jp / 03-6261-1242

(ご質問は病院では受け付けておりません。)

PageTop