形成外科

対象疾患

  1. 新鮮熱傷(やけど)
  2. 顔面の骨折、顔面の外傷
  3. 口唇、口蓋裂
  4. 手、足の外傷、先天異常
  5. その他の先天異常
  6. 母斑(ほくろ、あざ)、血管腫、良性腫瘍
  7. 悪性腫瘍およびそれに関連する再建
  8. 瘢痕(傷跡)、瘢痕拘縮(ひきつれ)、ケロイド
  9. 褥瘡、難治性潰瘍
  10. 美容外科

治療内容

1.やけどについて

 当院は救急、熱傷センターを備えており救急科との協力のもと、他院や開業医の先生方とも連携して急性期の重症熱傷から軽度の通院症例、熱傷後の後遺症まで幅広く熱傷治療にあたっております。

2. 顔面の骨折、顔面の外傷

 顔面は交通外傷や転倒などで損傷、骨折となりやすい部位です。症状に応じ骨折治療、整復から出来る限り瘢痕の目立たせない創処置、縫合まで行っています。

3~5. 口唇、口蓋裂、手、足の外傷先天異常

 耳、鼻、口含め手足まで先天異常、奇形に対して治療の時期、必要性、予後まで含め診療のうえ相談、治療を行っています。 また四肢の血管、神経損傷や指切断に対しては顕微鏡下に接合、整復を行っております(マイクロサージェリー)

6.母斑(ほくろ、あざ)、血管腫、良性腫瘍

 体表にみられる腫瘍については良性、悪性の診断後に切除を行っています。傷跡が目立ちにくい縫合、後療法を行っています。母斑、血管腫に対しては症状に応じて手術治療、レーザー照射等を施行、併用し治療を行っています。

7.悪性腫瘍およびそれに関連する再建

 主に口腔~耳鼻科領域や乳房の悪性腫瘍の切除後に、口腔外科、耳鼻科、外科との協力のもと皮弁や植皮による再建を行っています。

8.瘢痕(傷跡)、瘢痕拘縮(ひきつれ)、ケロイド

 熱傷や外傷後の瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイドに対して形成手術、薬物療法等にて症状の軽減、改善を目指します。特に熱傷後の後遺症治療は経験も豊富にありますのでご相談ください。

9.褥瘡、難治性潰瘍

 いわゆる床ずれや難治化した皮膚損傷について通院での軟膏等による治療から手術治療まで幅広く対処しています。

10.美容外科

 美容に関連した治療については原則的に保険診療外の治療となりますので事前にご相談ください。

治療実績

診療実績表 (2017年)

分類 実績データ
外傷 749件
先天異常 11件
腫瘍 239件
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 201件
難治性潰瘍 132件
炎症・変性疾患 76件
その他 20件
レーザー治療 85件

 医師スタッフ紹介

 形成外科の医師・スタッフはこちらからご覧ください。

外来担当医表一覧

 形成外科の外来担当医表一覧はこちらからご覧ください。

当科の学会施設認定

 学会施設認定はこちらからご覧ください。

PageTop