中京病院臨床研修センター

研修医のための研修教育活動

研修・講習会など

新研修医オリエンテーション
ハンズ・オン・コース

医師として最初に学ぶべき心構え、BLS、救急外来のトリアージなどの診療の基本技術を学ぶ講習会です。

  • 採用時 4月






BLS講習会

院内で発生した心肺停止患者に対し医療従事者が実施する一次救命処置を学習する講習会です。講習後に認定証が発行されます。

  • 4月




研修医連絡会・救外ミニレクチャー

研修医に関わる事項の連絡、救急外来で必須の知識、疾患についての各診療科によるレクチャーです。

  • 毎週




モーニングカンファレンス

救急外来の当直終了時に研修医が診た症例を中心に毎朝振り返り、上級医からのフィードバックを得ます。

  • 毎日(救急症例検討)




総合診療カンファレンス

名古屋大学医学部 総合診療科の先生を講師に招き、カルテの書き方など、基本的な診療技術、入院症例、外来症例の疑問を解決します。

  • 水曜日(第2・4・5)




病院集談会

研修医が院内で症例報告や研究発表をします。学会発表の練習になります。

  • 毎月第3金曜日




研修医教育症例検討会

各科ローテーション、救急外来において指導医が教育的な事例であると判断した症例について、上級医と研修医が一緒に問題点等を分析、検討会を開催し情報を共有します。

  • 適時




CVC講習会

中心静脈カテーテルの挿入の講習会です!CVC穿刺挿入指導者研修を修了した熟練指導医からやり方、コツについて学べます。講習後に実際の現場で挿入できるようになります。10例入れたら、一人前です!

  • 適時




CPCカンファレンス

病理解剖に至った症例を振り返ります。主治医、病理医の双方の立場から症例を振り返り、その症例からの学びを共有します。

  • 年6回




がん病理カンファレンス

癌に携わる各科が症例を提示し、その病理像について病理医からレクチャーがあります。

  • 年6回




M&Mカンファレンス

診療の質および安全性を改善する目的で、不幸にして合併症が起きたケース、死亡したケースを皆で振り返り、共有する事例検討会です。

  • 適時




MRM研修会

院内の医療安全対策活動としての全職員対象の研修会。医療安全に関する知識を学ぶことができます。

  • 年3回




院内感染対策研修会

院内感染を予防するための全職員対象の対策研修会。院内感染に関する知識を学ぶことができます。

  • 年2回




緩和ケア研修会

がん診療連携拠点病院の当院で、末期患者への疼痛コントロールなど緩和医療について研修します。

  • 年2回

各種委員会

中京病院の初期臨床研修をより良いものにするため、研修プログラムの策定、研修医の採用・評価、進路相談、研修修了認定等の全体的な運用・管理すべく他職種で構成された各委員会により組織運営されています。
また、各種委員会に研修医が委員として参加し、研修医からの現場意見を提言しています。